HOME > 児童部 > 概要

児童部

概要

東京恵明学園児童部とは

児童相談所を通じて措置される、さまざまな理由で保護者と暮らせない2歳から18歳までの子どもたちを、児童福祉法の精神に基づいて家庭にかわって養育している児童養護施設です。
児童部では、措置を必要とする児童とその家族に対し、よりよき環境のもとでその独立心を損うことなく社会人として生活できるように自立を支援し続けています。



養育方針

児童部は、本園と3つのグループホームに分かれており、子どもたちは、本園では小規模グループケア化した6~8人の5つの小舎で、グループホームは6人の少人数でより家庭に近いスタイルで生活しています。
また児童部では自立支援を4つの柱でとらえ、それぞれの専門職が連携をとりながら、子どもたちの養育を進めています。


  • 生活支援(養育職員、学習担当職員、自立支援コーディネーター、栄養士、調理員)
    衣食住を整え、子どもたちに安心・安全な環境を提供します。
    QOL(生活の質)の向上を目指します。
    基礎学力の定着を目指し、公文式を利用した学習指導を行います。
    子どもたちが希望する進路の実現を目指し、就学・就労支援を行います。
    退園した子どもたちへのアフターケアを行います。
  • 心理支援(心理担当職員、治療指導担当職員、精神科医)
    発達に課題を抱えた子への専門的なケアを提供します。
    虐待を受けた子どもたちの心のケアを行います。
    医療的ケアを必要とする子どもへの受診計画を立案します。
  • 家庭支援(家庭支援専門相談員)
    関係機関と連携しながら家族再統合を目指して支援します。
    里親への支援を行います。
  • 健康支援(嘱託医、医務担当職員)
    子どもたちの健やかな発達を保障するために、きめ細やかな健康管理を行います。



職員構成

運営管理: 園長、事務長、主任、副主任
専門職: 処遇職員、家庭支援専門相談員、自立支援コーディネーター、個別対応職員、治療指導担当職員、臨床心理士、 栄養士、調理員
その他: 嘱託医、精神科医