HOME > 乳児部 > 概要

乳児部

概要

乳児院とは (児童福祉法第37条)


「乳児院は乳児(保健上、安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要のある場合には、幼児を含む。)を入院させて、これを養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設とする」と定められています。


  • ※乳児院では、0ケ月から概ね3歳までの乳幼児をお預かりしています。保護者が病気など様々な事情で家で育てられない子どもたちをお預かりして養育する児童福祉施設です。


養育方針

  • 子どもたちの権利を守り、一人一人に合った発達を保障します。
  • アタッチメントの形成を重視し、個別養育担当制をとります。
  • 各職員が専門性を発揮し、連携して最善の利益を追求します。
  • 小規模な空間で、家庭的な、温かみのある生活の場を大切にしています。
  • 保護者や家族の方々の気持ちに寄り添い、尊重し、一緒に子育てすることを大切にします。


職員構成

運営管理: 園長、事務、主任、副主任
専門職: 保育士、児童指導員、看護師、臨床心理士、家庭支援専門相談員、里親支援専門相談員、栄養士、調理員
その他: 嘱託医、用務職員ほか


発達保障のために 「養育担当制」と「小規模GC」

学園では、家庭に近い環境作りとアタッチメントの形成を大切にしています。
定員は35名、あゆみ室3名、ふたばホーム(のぞみ室とまなみ室)とめぐみホーム(なごみ室とみのり室)各室6名、あかりホーム(虹の家と光の家)各家4名で生活しています。生後3ヶ月までの子どもはあゆみ室で過ごし、それ以降は入所から退所まで同じ部屋で同じ職員との生活を通して、関係を築いていきます。小グループにすることで、一人ひとりの生活リズムをより大切にすることができ、またグループの職員との関係も安定し、安心感に繋がります。


日々の養育は、『虹色のやくそく』と「自立支援計画」を基に行っています。子どもの権利を守り、最善の利益を保障できる養育をする為に、『虹色のやくそく』を作成しました。その権利の主体者である子どもそれぞれの成長に合わせ、養育内容を具体的に示したものが「自立支援計画」です。これらを養育の指標とし、愛情に満ちた生活の中で子どもたちの成長を支えています。



育ちを養育担当者と共に支える専門職員

  • 健康管理と衛生
    嘱託医と看護師が中心となり、通院・薬の管理・予防接種の確認及び実施・身体測定など、子どもの全般的な健康管理を行っています。夏や冬の季節には、感染症対策などの衛生環境整備にも中心となって子どもの健康を見守っています。
  • 心身の発達
    心理職員と児童精神科医が中心に、子どもたち1人ひとりの発達の段階を見ながら、必要に応じ発達を促す遊びや関わりを行います。そのため、心理職員も毎日子ども達のお部屋に遊びに行き、一緒に子どもの成長を見守っています。
  • 食育・食事
    毎月、栄養士が立てた献立をもとに、調理員の職員がお部屋の中に設置されたキッチンで調理をしています。そして、子ども1人ひとりの食事段階に合わせて、愛情込めて作っています。


家庭支援と里親支援

家庭支援では、保護者と共に子どもの成長を見守りながら、親子がより良い関係を築いたり、家族が一緒に生活できるようになるための手助けをしています。
里親支援では、里親と子どもの繋がりや橋渡しを手助けしています。
子どもが家庭に帰ってからも幸せに生活できるように見守り、必要に応じて相談を受けています。



ショートステイ事業と地域支援事業