HOME > 乳児部 > 生活の様子

乳児部

生活の様子

子どもの1日のスケジュール


食事

食事は部屋の中にあるキッチンで作られ、料理をする音や匂いを感じることができます。成長発達に合わせた食事や食器、体調不良の時やアレルギーのある子の食事など、一人ひとりに合わせて用意します。
ミルクは子どものペースに合わせた自立授乳を基本とし、職員と1対1で落ち着いて飲むことを大切にしています。




睡眠

小さい子どもは安全を守る為にベッドで寝ますが、成長に伴い個別の布団に移ります。ベビーマッサージや添い寝での触れ合いを通し、心地良く安心して眠れるように努めています。
また、生活リズムを整える為に充分に眠れるよう、湿度や温度調整等の環境設定にも配慮しています。




入浴

沐浴をするあゆみ室の子ども以外は、職員と一緒に入浴します。肌の触れ合いを通して、スキンシップをはかりながらの入浴は、子どもにも職員にも楽しいひとときとなっています。




遊び

自立支援計画や養育計画を前提に、散歩や室内外の遊びなど、その日の体調や天気に合わせて活動を決めます。買い物やバス、電車に乗ってのお出かけも大好きで、楽しみながら社会経験もできる様に取り組んでいます。養育室の他にプレイルームもあり、雨の日でも乗り物玩具やすべり台などで身体を動かして遊ぶことができます。




個別活動

担当者と1対1で過ごす時間を日々の生活の中に設けています。自分だけを見てもらえることで、子どもは安心感や満足感を得ることができます。買い物や散歩、絵本の読み聞かせなど、その子どもにとって今必要なことは何かを考え、活動の内容を決めています。